個別指導塾ならではのメリット

内向的な性格の子に合っている

大勢の中で自分の意見を述べたり、質問したりすることが苦手な子がいますよね。このように大勢の前で発言することが苦手な子は、不明点があっても質問をすることができず、授業についていけなくなり、結果として成績が落ちてしまう場合があります。個別指導塾であれば、先生が一度に受け持つ生徒の人数は数人です。問題を解いて、先生が順に回ってくるという方法で授業が展開されています。よって、大勢の前で質問をする場面がなく、疑問点を個々にその場で解決していくことができます。理解する能力がありながら、性格が故に解決に至らないのではもったいないですよね。内向的な子は、集団指導を行う塾ではなく、個別指導塾の方が、成績が伸びやすい傾向にあるでしょう。

個別にカリキュラムを組むことが可能

苦手分野は人それぞれです。集団指導塾の場合、カリキュラムが既に組まれており、授業についていけない生徒については、フォローが万全になされない場合があります。個別指導塾であれば、個人の習熟度に合わせてカリキュラムを組むことが可能なため、授業に遅れてしまう心配がありません。苦手な個所は理解が深まるまでじっくりと指導してもらうことが可能なのです。また、学校行事や家庭の都合で塾を欠席した場合のフォローも、融通を利かせてもらうことができます。振替授業の予定も組みやすいでしょう。学習状況や塾以外の予定は、子どもによってそれぞれ違いますから、個々の状況に合わせて指導を受けられるのは個別指導塾の大きな利点と言えるでしょう。

中学生の塾の時間帯は各々の部活の有無も関係してきますが、部活のない子は放課後すぐ、ある子は19時頃から。晩ご飯を済ませてから行きたいという子は20時頃からにして21時頃には帰宅できるようにしましょう。